高断熱・効率・デザイン
熊谷市の建築業有限会社ビュード HOME > 高断熱・効率・デザイン

ビュードランバーホーム(BUP工法)とは・・・

1.工期の短縮 工場生産により現場工程数の削減(工期は45日で完成)
2.住宅の品質確保 パネル強度データによる型式認定取得(住宅性能表示の実現)
3.コストダウンの追及 パネルの共有化により効率的な施工と工期の短縮
4.産業廃棄物の削減 パネル施工により現場残材の削減
一般的には躯体の立ち上げ後、パネルとパネルの接合部を内側より目貼りするのですが、BUP工法は土台から2階床まで一枚のスーパーパネルで接続しているので、外からの隙間風が入らないので、「BUP工法は自動的に高気密が得られる工法」なのです。

当社外壁パネルと他社外壁の熱伝導比較

当社の外壁ならモルタル+グラスウールのおよそ18.8倍、ALC+グラスウールの1.65倍、石綿ストレート+グラスウールの3.89倍も高性能!ダントツの省エネ効果で経済性抜群!
※(財)住宅建設省エネルギー機構データより
当社外壁パネル+硬質ウレタン断熱材 0.067
モルタル外壁+グラスウール断熱材 1.261
ALC外壁+グラスウール断熱材 0.111
石綿ストレート外壁+グラスウール断熱時 0.261

硬質発泡ウレタンフォーム

壁体内に充填した高品質ウレタンフォーム断熱材。
グラスウールに比べ湿気に強く、断熱効果は抜群。住まいと暮らす人の健康にも優しい素材です。
BUP工法は高断熱・高気密住宅

CONTACTまずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
048-526-8012
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ