ロフトのあるお部屋の魅力!
熊谷市の建築業有限会社ビュード HOME > ロフトのあるお部屋の魅力!

ロフトとは・・・

ロフトとは、屋根裏部屋という意味!

住宅のロフトとは、天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部空間のことを指すことが多いです!

建築基準法では、天井高を1.4m以下、床面積を直下の階の2分の1未満に収めるという制限がありますが、
とても活用できる空間となっております。


ですが実際にロフト付きのお部屋に暮らしてみると、上手にロフトの良さを活かせていない人が案外多いのではないでしょうか?

そこで、今回はロフトの活用方法をご紹介させていただきます!
いろいろ試してみて、ぜひとも「ロフト」の良さを最大限に活かせるような使い方をみつけてください!

「ロフト」のメリットとは?

子供に喜んでもらえる

お子様がいらっしゃる家庭では、"秘密基地" みたいな感じで遊んでくれる子が多いです!

又は、お母さんお父さんと一緒にロフトに移動して絵本を読んだり、おままごと、ヒーローごっこしたり・・・
リビングなどとは違って、少し狭い空間だからこそ何か分からない特別感などが得られると思います。

生活にメリハリがつけられる

お部屋が2つある感覚が味わえる!

例えばロフト部分を寝室にしてゆったりと睡眠ができるスペースにしたり、趣味部屋にして集中できるスペースにしたりとワンルームであっても、生活リズムにメリハリがつけられるようになります!

「ロフト」のデメリットとは?

ハシゴが怖い・・・

大体ロフトに移動するときはハシゴをかけて、少し急なところを上り降りしないといけません。

子供には急すぎるし、結構な高さがあるので落ちたらとても危険です。
また、ハシゴを常に設置していると面積も取りますよね・・・

しまうときも幅を取ってしまうので、どこかに移動させておく⇒出さずにロフトを使わなくなる。
有効活用できる場所を一つの手間のせいで有効活用できない・・・

ハシゴという課題は重要な部分になっていると思います。

そんなときには”引き出し付きロフト階段家具”

今回のタイトルにもある「ロフトのあるお部屋の魅力」についてですが、私個人の意見ではありますがハシゴは結構ネックになります。

子供も安心に使えて、場所も有効活用できるようにするには”引き出し付きロフト階段家具”が是非お勧めですので、下記にて紹介をさせて頂きます。

引出付ロフト収納階段家具とは?

今回のタイトルにもある「ロフトのあるお部屋の魅力」についてですが、私個人の意見ではありますがハシゴは結構ネックになります。

子供も安心に使えて、場所も有効活用できるようにするには”引き出し付きロフト階段家具”が是非お勧めですので、下記にて紹介をさせて頂きます。
新築住宅でも、ロフトのある家でも現場に合わせて、製作・施工販売をしています。

階段下の空間を有効な収納スペースにした階段で、工期も早く5~6時間で完成します!

実際の設置例

設置例1
▼全体の様子
▼転落防止柵
設置例2
▼全体の様子
▼ロフトまでの様子
転落防止柵を設置できたり、階段に手すりを付けることもできます!
お家によって段数は異なるので、そういった部分をカスタマイズできることはとても魅力的です!
それぞれのお家に合わせて設置をするのに、施工時間はわずか5~6時間!
1日家を空けなくても完了できるので、多くのお客様からご指示いただいております。

気になる方は是非質問からでもお問合せ下さい!

CONTACTまずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
048-526-1517
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ